スズキ

マニアへ売れるジムニー、買取は古くてもそこそこ?

スズキ

ジムニーはマニアの需要があり、他の車よりも「古くても売れる」ってことが多いかもですね。40年ほど前から売られている車なのに、2回しかモデルチェンジがないというのも長年の根強いファンがいる証じゃないでしょうか。

今の車に至ってもラダーフレームを使っていたり、軽自動車枠とは思えない悪路走破性があります。もちろん街乗りには適していないので、マニアにしか需要がないといった所でしょうか。そこらへんをちゃんと狙って買取に出さないと、「俺のジムニーはこんな価格じゃなーい」なんてことにもなりかねませんからご注意を。

買取相場価格を見ていきましょう。ちょっと驚いたのが2代目ジムニーでさえ〜10万円の値段がついていることです。山岳地域のパトカーや郵便の集配車に使われているくらいですから、その走行性だけでなく耐久性も信頼されているということでしょうね。

次の代の3代目ジムニー〜2000年の年式では〜20万円程度それ以降の年式では20〜80万円くらいの買い取り価格は見積もってもらえそうです。

ジムニーの買取価格アップのポイントをお伝えします。ジムニーの買い取り価格は走行距離がものを言うので、○万9000km、みたいな走行距離でちょっと買取りしてほしいなという人は運転をぐっと我慢しましょう。
まあそもそもマニア向けの車ですので、ちゃんとジムニーに強い買取業者に買取を頼みましょう。そういう買取業者がわからない、とりあえず値段が知りたいなあという方は、インターネットの一括査定が早くて楽でおすすめです。

あっちなみにジムニーシエラの現在のモデルの買取価格は30〜70万円ジムニーワイドやLの買取価格は数万程度という所です。

色々なカラーを試したい