ダイハツ

次期はかわいらしさ皆無!?これまでのコペンの買い取り価格は

ダイハツ

今回はコペンの中古買取について解説していきたいと思います。かわいらしいデザインが特徴のコペンは軽オープンカーで、軽市販車では世界で初めて電動油圧ポンプの開閉式ルーフを採用しました。コペンは2012年8月で生産を終了しましたが、ダイハツは「低燃費だけでなく走りが良い車も重要」としており、軽スポーツカーを2014年に再投入する方針と発表しました。スポーツカーで車好きの消費者をつかみ、イメージを向上させたい様です。

しかし少し問題がありまして、9月のインドネシア国際モーターショーで出展されたコペンの後継者になると思われるコンセプトカーが非常に不評です。理由は、かわいらしいレトロなテイストがなくなってしまっていることです。

…ということで、新型が発売されたとしてもそんなに売れなさそうだし、買取はまだまだ先かな…(そもそも2014年だし)と思われる方もいらっしゃると思います。そんな方もとりあえずコペンの中古買取価格を見ていきましょう。コペンの買取価格は 40〜120万円 になります。

全体の流通量が少なく、特別仕様車の種類が多く、どの種類でも安定した価格を維持していそうです。アルカンターラレカロシートやMOMO製本革ステアリングホイールを装備したアルティメットエディションが高値で買取られる様です。

やはりコペンはマニア受けするような車種ですので、その辺詳しい方に査定していただきたいですよね、でも車に詳しくても中古車買取に詳しい訳じゃないって方はそんな会社見分けるのも大変ですよね。そんな方はインターネット一括査定をお勧めします。ぶっちゃけこれさえあればわざわざ実店舗をいくつも回る必要ないんですよ、便利じゃないですか?ちゃんとあなたのコペンの価値を見極められる人に買取ってほしいですよね。

ムーヴ買取価格は?

ダイハツ

ムーヴは実は結構前から販売されていた車です。今とはほとんど形は違いますが1995年に初代ムーヴが誕生、1998年に2代目が発売されました。買取を考えている方はそれ以降のモデルがほとんどだと思いますので、3代目ムーヴから解説していきますよ〜。(ちなみに2代目の買い取り価格情報はほとんどないですが2〜3万円の様です。それはそうですよね…。)

3代目ムーヴから内外装が割合若者向けに改変されていきました。一部グレードでは跳ね上げ式バックドアが選択できました。2004年のマイナーチェンジでは、不正にドアが開くとブザーが鳴るセキュリティーアラームが追加されたり、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+5%」を同時に適合させたりしました。

3代目ムーヴの買取価格は5〜30万円程度の様で、高値買取のものはカスタムシリーズが中心です。

2006年にフルモデルチェンジして販売された4代目ムーヴはどうでしょうか。こちらは今までのかくかくした外観が大きく変わり正面から流れるようなフォルムにチェンジしました。2008年のマイナーチェンジからトップシェイドガラスやキーフリーシステムなど、かゆい所に手が届く装備が一部を除いてついている所がいいですね。
2010年に5代目ムーヴが販売されたため、4代目からの値段がちょいと下がってしまいましたが、買取価格としては20〜50万円ほどになります。

やはりカスタムシリーズが買取価格が高く、50万円を狙える位置にいます。そんなムーヴですが、あなたの愛車はいくらで買取ってもらえそうですか?まさかそのままディーラーに持ってってしまおうなんて考えていないですよね?買取価格をあげようと思ったら、色々な会社に見積もってもらわないと始まりません。それにはインターネットの一括査定が便利ですよ!今すぐできますし、価格が気に入らなかったらもちろん契約しなくても大丈夫です。

色々なカラーを試したい