マツダ

特別仕様車の種類が多いロードスター

マツダ

ロードスターは日本を代表するマツダのスポーツカーです。ライトウエイト2シーターオープンスポーツとしての販売台数は歴代世界一で、ギネスブックにも登録されています。コンセプトの「人馬一体感」にのっとった、軽快な走りがいいですよね。
20年も前のものになりますが、初代でさえよっぽどの車でない限りちゃんと値段がつくみたいです。そんな初代ロードスター(NA型)ですがデザインへのこだわりが半端じゃありません。能面をヒントにし写り込みまで考えられた車体、MoMAに展示・永久収蔵されることになったリアコンビネーションランプなど…当時の兄ちゃんたちは、こんなロードスターに乗って風邪を感じながら海までデートに行ったりしたんでしょうか…

という妄想はさておいてですが、この初代はやはり買取価格が調査しても出てきませんね…ただマニア向け需要はあるので、もし買取をお考えでしたらいくつか業者を当たってみるのが手でしょう。面倒とお思いであれば、ネットでの一括査定が便利ですよ。

2代目ロードスターは、5~50万円が相場な様です。そして3代目ロードスター50~140万円ですね。

この3代目ロードスターは日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞していますよ。買取市場では2008年以降の年式が多く出回っています。
その中でも買取が高くなるのは、やはり種類多く出ている特別仕様車…ですが、そんなロードスター、なかなか手放したくないという方が多いでしょうね…

ただロードスター、もうすぐモデルチェンジと噂されています。もちろん新車が出れば、中古の価格はぐっと下がってしまいます。今すぐ買取りしてもらわなくても、査定だけお願いして、今の価格を確認しておいた方が良いかもしれないですよ!インターネットなら、実店舗を回らなくてもすむので、見積もりだけでも気が引けないんじゃないでしょうか?

色々なカラーを試したい